メキシコペソは高金利通貨!

メキシコの通貨「メキシコペソ(MXN)」は、とっても金利が高いのをご存知ですか?

2018年12月にも利上げされ、ついに政策金利8.25%になりました。

いま最も勢いのある長期投資向けの高金利通貨のひとつなんですよ♪

当サイトは、そんなメキシコペソ円でのスワップポイント運用方法をご紹介しています。

メキシコペソの投資に興味のある方は、是非ご参考にしてみてくださいね。

はてな

スワップポイントとは?

2国間の金利差調整分としてもらえる利益のことで、日本円のような低金利通貨でメキシコペソのような高金利通貨を買うと、その金利差を金融機関(FX取り扱い業者など)より毎日還元してくれるのです。

長期投資に向く高金利通貨のなかでも人気があるものは、このメキシコペソのほか、トルコリラや南アフリカランドなどがあります。

それぞれの金利は時期によって上下しますが、日本円(マイナス0.1%)や米国ドル(2.25%周辺)と比較すると、これらの通貨は金利が高くとても魅力的です。

その中でもメキシコペソの政策金利はなんと8.25%(2019年2月)と、米ドルのなんと4倍近い高金利になっています。

近年、FXのスワップポイント運用でも大注目で、メキシコペソを取り扱うFX会社もぞくぞくと増えています。

スワップが高いとこんなメリットが!

スワップポイントが高ければ高いほど、当然インカムゲイン(利回り収益)も大きくなります。

たとえば、1Lotあたりの買スワップが100円の通貨ペアの場合、買ポジションを1Lot保有すると、1年間(365日)で36,500円のスワップ収益を得ることができるのです。

でも1Lotあたり80円を提示している場合だと29,200円、この差は見逃せませんよね!

少ない資金で取引できる

通貨ペア レート 1Lotあたりに必要な証拠金
メキシコペソ/円 6円 2,400円
米ドル/円 112円 44,800円
豪ドル/円 80円 32,000円

(2019年5月調べ みんなのFXより)

10万円の証拠金で運用した場合

通貨ペア(円) 保有数(Lot) 1Lotあたりの買スワップ 1日あたりの買スワップ 年間買スワップ
メキシコペソ 41.6 16円 665円 242,725円
米ドル 2.2 85円 187円 68,255円
豪ドル 3.1 45円 139円 50,735円

メキシコペソのメリットとデメリット

メキシコペソのメリット

ポイント

・政策金利が高いためスワップポイントが高い

・高金利通貨の中では格付けが高い

・メキシコペソ円の為替レートは安いので最低投資金額が少なくて済む

日本円(マイナス金利)や米国ドル(2%周辺)と比較すると、メキシコペソの金利は8.25%(2019年2月)と、米ドルのなんと4倍近い高金利です。

同じく高金利通過のトルコや南アフリカは国債の格付けで投資不適格級ですが、メキシコは投資適格級と高い格付けとなっています。

為替レートが過去10年くらいでは5円から11円くらいなので、レバレッジ1倍で1,000通貨対応のFX会社なら1万円もあれば投資可能です。

メキシコペソのデメリット

ポイント

・取り扱うFX会社が少なめ

・治安が悪く新大統領の今後の舵取りも気になる

・先進国通貨より為替変動率が高い 米国経済の影響を受けやすく大きく為替が変動する

大手24FX会社中メキシコペソ円を取り扱うのは10社と少なめです。

新興国のため懸念点もありますが、1920年以降はクーデターもなく、近年では経済成長率2%台を推移していて底堅く成長をしています。

米国経済の影響を受けやすく、資源国なので原油価格にも影響を受け大きく為替が変動します。

更新日:

Copyright© メキシコペソ円でスワップポイント生活!初心者でもわかりやすい♪ , 2019 All Rights Reserved.